革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

イントラレーシック

イントラレーシックとレーシックの違いとは何か。
違いのポイントはフラップの作成方法です。
フラップとはレーザー照射をする前に角膜の上の部分を一部分つなげて蓋のような形に切り抜いたところのこと。
いわば目の蓋です。

通常のレーシックではマイクロケラトームというカンナのような専用機器で削っていました。
これはイントラレーシックではイントラレースFSレーザーという機械で、コンピューター制御でレーザー照射し、角膜を丸く切り抜きフラップを作ります。
通常のレーシックは医師の手によるものですが、イントラレーシックはコンピューター制御ですから、ミクロン単位で正確に均一に切り抜くことができます。
正確だからこそフラップを元に戻して蓋をする際も、ズレがなく綺麗に塞がります。

コンピューター制御ゆえの安全性の高さが大きな特徴で、副作用や感染症の危険も低く、再施術率のもっとも低いレーシックといえるでしょう。
また、通常のレーシックよりも薄くフラップが作れるため、強度近視の方も治療できる可能性があります。
そして通常のレーシックでは回復力に限界がありましたが、イントラレーシックは回復力も段違い。
1.0以上の視力に回復する確率がもっとも高い施術方法です。

しかし、イントラレーシックもレーシックである以上、他の施術のものと同じくリスクはあります。
イントラレーシックによる失明の例はありませんが、乱視が発生する、ドライアイになるなどの問題が起こる可能性は、他のレーシックより少ないですがあるのです。
事前の医師との綿密な打ち合わせは必要不可欠。
納得できるまでとことん話し合ってから施術を受けましょう。

また、完全コンピューター制御のイントラレーシックは値段は少々張りますが、品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックなど9万円代からの破格の値段でやってくれるところもあります。
品川近視クリニックは症例数が世界NO.1という最大手。
ぜひ一度相談してみてはいかがでしょう。
レーシック手術完了後、やってはいけない事はしっかり知っておきましょう。こちらhttp://www.gomusiclyrics.com/yaxtutehaikenai.htmlを是非ご覧ください。