革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

コンタクトレンズとの比較

レーシックとコンタクトレンズはどっちがいいんだろう。
そんな風に悩んだことはありませんか?
比較して考えてみましょう。
また、こちらのサイトhttp://www.aerconditionatieftin.com/も参考にしてみると良いでしょう。

まずはコスト面。
レーシックはとっても高いイメージがあります。
およそ20万~50万円。
少し二の足を踏んでしまう金額ではあります。
ではコンタクトは安いかというと、意外とそうでもないのです。
10年スパンで考えるとおよそ35万円。
使い捨てタイプだったらもっと高額で、およそ70~80万円(1DAYタイプ)です。
長い目でみるとコンタクトレンズって高いんですね。

あとは一番気になるリスクの面です。
まずコンタクトレンズ。
長期的にレンズの扱いに注意が必要だというデメリットもありますが、何よりも怖いリスクは使用方法を誤ると角膜を傷つける恐れがあることでしょう。
コンタクトによる眼障害では、アレルギー反応により炎症が起きるアレルギー性結膜炎、角膜の表面に傷がつく点状表層角膜症、角膜の上の皮が剥がれる角膜上皮びらんなどがあります。
これらは自覚症状がでない場合があり、密かに進行して失明する危険性があります。
コンタクトレンズは角膜を摩耗させるため25年の使用が限界だという話もあります。
コンタクトを使用する際は定期的に医師の診察が必要です。

そしてレーシック。
誰もが受けられる技術ではありませんし、医師の技術に左右されるところもあります。
なぜレーシックで視力が回復するのかはこちらにかいてあります。
しかし一番気になるのは手術後にもとには戻せないということ。
レーシックによって失明してしまった、フラッシュを浴びると何も見えなくなる、夕焼けで動悸がして精神的におかしくなったなど、
恐ろしい「レーシック難民」の話を耳にするようになりました。
角膜を削ってしまうので、もとに戻すこともできないのがより彼らを追い詰めてしまうようです。

もちろん両者とも多くの利点があります。
コンタクトは視野が広く見えるし、きちんと取り扱えば問題はありません。
レーシックもうまくいけば視野がすぐ回復し、術後に必要以上のケアをしなくて済むようになります。
しかし使用する際に危険性を理解しておくことが大切です。
事前にリスクの面もきちんと踏まえ、医師としっかり相談することが必要になるでしょう。
こちらのサイトではレーシック手術を行うクリニック選びのポイントについての解説をしていました。参考になるかと思いますので是非ご覧ください。
また、こちらのサイトではレーシックのメリットとデメリットについてかいてありますので参考にしてください。