革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

目が見える仕組み

目が見える仕組みはカメラの構造ととても良く似ているといいます。
比較してみましょう。

カメラでは光がレンズを通ってフィルムに焼き付きますが、目の場合はどうでしょう。
目は眼球という言葉通り、丸い球体をしています。
白目部分と黒目部分とがありますが、白目は強膜と呼ばれますが、カメラのボディーのようなもの。
見える機能は黒目にあります。
そしてまぶたはレンズキャップのようなものといえますね。

まぶたをあけると黒目に光があたります。
黒目の光が入る入口に角膜があり、その奥に水晶体と呼ばれるものがあります。
この角膜と水晶体が、カメラのレンズにあたるところです。
水晶体はカメラのレンズよりも柔らかく、毛様体から出ているチン小帯という細い糸のようなもので固定されています。
毛様体は筋肉を伸び縮みさせ、水晶体の厚さを素早く変えて、ピントを合わせます。
オートフォーカス機能のようですね。
しかし、目は激しく動いてもけしてブレることのない高性能です。

目は絞り機能も搭載しています。
角膜と水晶体の間にある薄い膜、虹彩です。
虹彩の中央部にある瞳孔を開いたり閉じたりして、網膜に入る光の量を調節しています。
この網膜は、カメラでいうフィルムの機能です。
この網膜には光の明度や色彩を感じる視細胞が密集していて、ここで光の情報を得て視神経に送り脳の視覚野に伝え、人間に見えるという感覚が起こるのです。

ブレないオートフォーカス機能を維持できているのは、脳でキチンと調整されているからです。
ものすごくハイスペックなコンピューターと接続している状態といったらいいでしょうか。
いや、ハイスペックなコンピューターでもかなわないですね。

撮影された映像を脳内で微調整して映像化(プリント)するまでを一瞬でこなすのですから、人間の目というのは凄いものです。 しかし、高性能な人間の目もレンズのピントが合わなくなる不都合が生じることがあります。

光の屈折が強すぎれば近視に、弱すぎれば遠視に、焦点がばらけてしまえば乱視になります。
角膜と水晶体の焦点が原因の屈折異常です。
この屈折異常を矯正しようというのがレーシックという手術です。
このレーシック手術ができる病院がこちらでいくつか紹介されています。

こちらのサイトによると、レーシックは経済的なんですって。意外な事実です。

また、まつげエクステをしたままレーシックは可能なのでしょうか。こちらは女性必見です。