革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

PRK

PRKはレーシックに分類される施術方法ではありますが、専門家の中にはPRKはレーシックとは呼ばないという人もいます。
PRKの大きな特徴が「フラップをつくらない」ことだからです。
通常のレーシックはフラップと呼ばれる角膜の上部を切り抜いて蓋のようにする作業を行ってから、レーザー照射を行います。
フラップをつくらないPRKはどのように施術するのでしょうか。

その方法には2通りあります。
一つはレーザーで角膜上皮をあらかじめ除去してしまってからレーザー照射を行うやり方。
もう一つは角膜上皮ごとレーザー照射をしてしまうワイルドな方法です。
どちらが良いかは専門家でも意見がわかれるのでなんとも言えませんが、どちらもめちゃめちゃ痛いことには変わりないでしょう。
ほぼ痛みのない通常のレーシックに比べたらもちろん、しばらくは痛みが継続するというエピレーシックやラセックも、これには敵いません。
痛さでいったらNO.1でしょう。

その後の工程は2つのやり方どちらとも同じで、ボーマン層と角質実質を削り屈折矯正をします。
これはコンピューター制御のエキシマレーザーが使われるので、プログラムした深さで削れます。
その後通常のレーシックではフラップを戻す作業工程になりますが、なにせPRKはフラップがありませんから、そのまま専用のコンタクトで保護して終わりです。
1~2週間もすれば角質上皮が再生し、コンタクトを外すことができるはずです。

PRKはレーシックが出てくる以前のやり方ですが、未だ残っているのは角膜上皮を完全再生させるため眼球の強度が保てることと、
通常のレーシックよりも視界がクリアにみえることが理由でしょう。
ボクサーなどの激しいスポーツをされる方にすすめられる方法です。

しかし、再生時に角膜上皮が混濁するトラブルもあり、これは通常のレーシックではほとんど起こらないので、専門家でもPRKを敬遠する向きがあるようです。
近頃ではエピレーシックのほうがよいとの声もあります。
このサイトでは、レーシック手術前に気を付けることをわかりやすく解説していました。
また、気になる費用についてはhttp://www.tasawuf.ws/に載っています。
どちらも是非ご覧ください。