革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

ラセック

LASEK(ラセック/ラゼック)は、エタノールなどのアルコールに浸して、柔らかくなった角膜上皮のみを取り除きレーザー照射します。
通常のレーシックは角膜上皮とその下のボーマン膜と角膜実質まで切り込みフラップをつくるため、フラップの厚みが足りない方や、強度近視の方、
また網膜が弱く眼圧がかけられない方はできませんでしたが、ラセックならできる可能性があります。

ラセックに似た施術にエピレーシックがあります。
エピレーシックはエピケラトームで角膜上皮を削り、ラセックはアルコールを使うという違いはありますが、それ以外はほぼ変わりません。
点眼麻酔をして、角膜上皮を取り除き、レーザーを照射し、専用コンタクトレンズで保護をし、角膜上皮が再生するのを待つという方法です。

ラセックもエピレーシックも角膜上皮が再生すればそれなりに眼球の強度が戻るため、激しいスポーツをする選手などにおすすめの方法だといいます。
また、ラセックはレーシックの他の施術方法に比べて低価格なのも魅力です。
しかし、近頃はアルコールの使用が長期的に影響が出ないか懸念する声があり、反対する医師も増えています。
角膜を薄く削り再生を促すことで、眼球の強度を保つという考え方は、エピレーシックと同じため、近頃ではラセックよりもエピレーシックを押す声もあります。

そして、事前に理解しておいたほうがいいのは、ラセックもエピレーシックも、角膜上皮が再生するまでの2週間程度は痛みが続くということ。
PRKよりは痛みが少ないといいますが、通常のレーシックはほぼ痛みがないのでそれと比べると痛い施術と言えるでしょう。
また視力の回復も1~2週間程度かかるので、両眼を同時に手術することは難しいといわれています。
その他、再生期間に眩しくて目が開けられない症状が出たり、フラップが薄いため扱いが難しかったりというデメリットがあるので、事前にしっかりと医師と相談しておくとよいでしょう。
レーシックの費用に関することは、こちらのサイトがお勧めです。